二重で叶える好印象!パッチリ目を叶える整形術!

施術時の痛みについて

鏡を見る女性

麻酔の効果で痛みはない

結論から言うと、施術の中で様々な工夫を行うことによって、痛みを相当激変させる事は可能なのです。二重まぶた整形の埋没法の手術を行った患者さんの多くの方から、思ったより痛みもほとんどなかった、怖がらずにもっと早くやっておけばよかった、というような体験談は非常に多くあります。そのため、痛みを怖がられてる方は安心して、ぜひ埋没法の二重プチ整形施術を受けてみてください。また、最近ではどこの医療器具メーカーも、どれだけ細い針を開発できるかという競争をしています。注射でも点滴でも何でもそうですが、注射針は細い方が痛みが少なくなります。通常、ゲージ数が高いほど細い針なのですが、二重まぶた整形のプチ整形では、ケージの高い針が使われます。ゲージ数としては、28~30の針を使うことが一般的です。なかには35程度の非常に細い針をプチ整形に使うクリニックもあります。この場合、ほんのちょっとチクっと感じる程度の痛みまで減らすことができます。ゲージ数の高い非常に細い針で痛みを減らしたとしても、薬剤によっては、注入にかかる圧力が高くなれば痛みが強く感じることがあります。そのため急いで注入して、注入圧力を高めてしまうと、たとえ二重プチ整形でも痛みを高めてしまうことになってしまいます。たくさんの手術をこなさなければならないようなクリニックや品質よりも手術コストの低減の重視するようなクリニックでは、どうしても急がなければならない状況となり、薬剤の注入も急ぐ必要が出てきてしまう傾向にあり、たとえ二重プチ整形の埋没法でも多少痛みが伴う場合があるようです。PH(ペーハー)とは酸性度およびアルカリ度の数値のことですが、人間の体の面は弱酸性ですが、体内は弱アルカリ性です。麻酔液と人間の体のPH(ペーハー)の差が大きい場合、麻酔注射をした時に痛みを感じやすくなってしまいます。そのため、麻酔薬をアルカリ性にするための薬剤を使ってPH(ペーハー)を調整することで麻酔注射の痛みも最小限に抑えることができるのです。このようなことにも配慮してもらえるクリニックで二重プチ整形の施術を行うことをお勧めいたします。

Copyright© 2019 二重で叶える好印象!パッチリ目を叶える整形術! All Rights Reserved.